LEICA PAGE

自己ライカ紹介とライカウイルス危険エリア

このライカは現在使用しているライカM6です。銀座で購入しました。この銀座という場所はライカ病の保菌者、あるいはいずれ自分はライカ病にかかってしまうのではないかと日頃感じている人にとっては非常に危険な地域です。この地域に足を踏み入れるには現金やカード等を身につけないようにするなど何らかの予防策が必要です。免疫のない人は足を踏み入れない方が安全でしょう。

ライカウイルスに関する報告例


寿ライカ
ロシアのレンジファインダー
静かな帝塚山
ライカウィルス感染源
いとこのライカウィルス
見てみたい早撃ちライカマン
自分のライカウイルス

旧友から届いたニコンウイルスの報告例

ソニーデザイナー鈴木 章雄氏からニコンウイルスついてのコラムが到着。氏とは 某S社で元同期入社。3年間、 一緒に寮生活をした旧知の仲。当時彼は関西弁で相手の事を自分という言い方を気に入って多用していた。おもに彼がその言葉を使うのは、ぼくが無駄で身分不相応な高額商品を購入したときに笑みを浮かべながら非難のいいだしとして使用するのが常であった。が、しかし今回、彼のNikonF4購入に至っては思う存分ぼくがその言葉を使わせて頂いた。(ちなみにライカ購入やハーレー購入に至ってはもう離れて暮らしていたのでその非難の前置詞じ!、じぶーん!は聞かずにすみました。ふー。)不思議な事にお互い3年間の間、一度もカメラについて深い会話をしたことがなかった。今から考えても不思議ですが。今回メールで購入に至るまでの動機や経緯を詳しくメールでいただき、これをぼくが一人で読んで終わりにするにはもったいないとの思いから、本人に加筆、及びプライベートな部分の訂正(本当はここが一番面白いところではありましたが。)を行ってもらい、コラム風にまとめたものです。

難しかった”キャノネット”

高校生のオリンパスOM-1N購入記

ニコン!ニコン!

ニコンF4購入記


I BACK I
I HOME I INDEX I SHONAN CH. I FLHR I HITTON I LINKS I
Copyright (C) 1997-1998 By Hitoshi kohno & Hitton (JAPAN) All rights reserved.